米陸軍特殊部隊のSOPMOD Block 3: URG-I

Geissele-URGI
Geissele Automatics

Official M4A1 USASOC URG-I Clone and Picture Thread

URG-I (Upper Receiver Group – Improved) は、米陸軍特殊部隊のM4A1に搭載される新型アッパー。現在のBlock 2アッパーを更新する存在なので、非公式に「SOPMOD Block 3」と呼ばれている。

構成

事情を知っているGS5414氏によると、URG-Iは次のような構成になる。

  • Geissele Super Modular Rail MK16 M-LOK (13.5″, DDC色)
  • Geissele Airborne Charging Handle (DDC色)
  • Daniel Defense 14.5″ Mid-Length 冷間鍛造バレル
  • Daniel Defense MK12 ガスブロック
  • SureFire FH556-RC フラッシュハイダー (通称SF4P, 導入済)
  • *Geissele Super Select-Fire Trigger (導入済)
  • *H2バッファー

(*印はロウワーの部品であることを示す。)

最大の特徴は、ガイズリー社のレール(しかもM-LOK対応)が導入されることである。元々ガイズリーは米軍SOFに高品質のトリガーを提供していたメーカーだったが、2012年頃にデルタ向けHK416レールを納入して以来、ハンドガード業界で名を馳せるようになった。

これまでの変遷を振り返ると、KAC RIS/RAS(Block 1)→ DD RIS II(Block 2)→ Geissele SMR MK16(Block 3)ということになる。

ガイズリー社はSHOT 2018で市販用URG-Iを発表した。市販用URG-Iは上記の米軍用URG-Iと構成が一部異なるため、「市販用を買っても完全再現は不可能」と肩を落とす人もいる。参考として、市販用URG-Iの構成も記しておく。(記事冒頭の写真が市販用URG-I。)

  • Geissele Super Modular Rail MK16 M-LOK (13.5″, DDC色)
  • Geissele Airborne Charging Handle (DDC色)
  • Daniel Defense 14.5″ Mid-Length 冷間鍛造バレル
  • *Geissele Super Gas Block (より小型になった新型モデル)
  • *SureFire WarComp-556 フラッシュハイダー (写真のみ、実際はSF3P)

(*印は米軍用URG-Iと異なることを示す。)

計画

「USASOCが新型アッパーを開発している」という情報が公開されたのは、2017年5月のNDIA Armament Systems Forumだった。

AshleyKeynote-21
Samuel Ashley (2017) “Evolution of USASOC Future Force Capabilities” U.S. Army Special Operations Command, p.21

そこで発表された上の資料から、次のことが判明した。

  • 5.56mm M855A1弾の使用を前提とする。
  • 14.5″の銃身にミッドレングスのガスシステムを使用する。
  • レールシステムとしてM-LOKを採用する。
  • マズルデバイスとしてSureFire WarCompを採用する。
  • NSWC Craneが「ミッドレングス vs. カービンレングス」の試験を実施している。

いくつか補足しておきたい。

M-LOKはNSWC Craneのお墨付きを受けてSOCOMに採用された規格である。NSWC Craneは「KeyMod vs. M-LOK」の試験を行い、M-LOKはKeyModよりも堅牢で信頼できると結論した。M-LOKは米陸軍の新型狙撃銃・M110A1 CSASSに採用されたほか、SOCOMが計画中のSURG (Suppressed Upper Receiver Group) やASR (Advanced Sniper Rifle) にも採用される予定。

SureFire WarCompは「上側と右側」にガスポートを備えた消炎制退器である。右側からガスを噴出することで、右利きの射手が左手でハンドガードを押さえつける力とバランスを取る。アンビ化などの理由でガスポートが「V字型」になるように取り付けることを neutral timing という。しかし実際のURG-Iには、上で紹介した通り、WarCompではなく既存のSF4Pが使われる。

GS5414氏によると、URG-IはUSASOCが組み立てを行う予定。SOCOMのSOPMOD Block 1/2ではNSWC Craneが組み立てを担当していたが、URG-IはSOCOMの計画ではなくUSASOC独自の計画なのである。

露出

URG-Iという言葉がネットで初めて公表されたのは、2017年9月のSoldier Systemsの記事だった。米海兵隊が後援する装備展示会・MDM 2017にてGeissele SMR MK16が初公開された時の記事である。

MK16-MDM2017
Soldier Systems

しかし実際には、米軍はその数ヶ月前(2017年の夏頃)からMK16レールを使用していた。ARFCOMで写真がリークされている。

MK16-1
ARFCOM
MK16-2
ARFCOM
MK16-3
ARFCOM
MK16-4
ARFCOM

これらはURG-Iのプロトタイプであると考えられる。
URG-Iの前身となる別の計画であることが判明した。詳細は後の記事で扱う。(ヒント: 陸軍のURG-Iがなぜ海兵隊のイベントで発表されたのか?)

L119A1の刻印

L119A1-left
ARFCOM

The British Mk18, the L119A1

英軍特殊部隊のMk18ことL119A1について、ARFCOMのelucidate氏が興味深い情報を公開している。これによると、もともと15.7″銃身だったL119A1 (C8 SFW) に、10″銃身のCQBアッパーが改修として導入されたのは、2005年であるそうだ。

シリアルナンバー

シリアルナンバーは「製造年 + 製造番号 + 国コード」という情報構造になっている。例えば、1203145GBなら「2012年製で、03145番目の個体で、グレートブリテン向け」という意味。下の写真は0000001GBのC8 SFW。製造番号がナンバリング機で別途刻印されている。(ちなみにL119A1の選定/採用は2000年。C8 SFW、HK G36、SIG 551が候補として選定に参加した。)

SFW-0000001GB
Christopher R. Bartocci (2004) “Black Rifle II: The M16 into the 21st Century” Collector Grade Publications, p.208

NSNナンバー

初期型については、ディマコ社がカナダ国内で(ロウワー左側面に)NSNナンバーを刻印していた。しかし後期型では、この工程が省略されたため、英軍がマグウェルの右側に刻印している。英軍はUIDステッカーを使わない代わりに、NSNを見やすい位置に表示し、色ペンで管理番号を書いている。(L119A2はマグウェル右側面にNSN 1005-20-008-7499がレーザー刻印されている。)

冒頭にも書いた通り、L119A1は元々15.7″銃身だったが、CQBアッパーの導入によって現在は10″になっている。銃身長が変わっても制式名称はL119A1のままであるが、NSNが異なる点に注意。

  • NSN 1005-21-920-6546 – 元15.7″で10″に改修されたL119A1(付属品含む)
  • NSN 1005-21-921-1160 – 15.7″仕様として支給されたL119A1
  • NSN 1005-20-007-5878 – 10″仕様として支給されたL119A1

セレクター

セレクターの刻印も米国製と異なり、「S – R – AUTO」になっている。これは「Safe – Repetition – Automatic」の略。細部に着目すると、Rの刻印位置は完全な中央ではなく、Rの右脚がセレクターの先端に合うように刻印されている。

個体例

① 2000年製、製造番号00301

L119A1-0000301GB
ARFCOM

この記事の最初と最後に載せてある写真と同じ個体。

L119A1の写真としては非常に有名なものなので、写真の出所を紹介しておきたい。まず、写真のEXIF情報によると、2008年に撮影された。また、Augee氏によると、米空軍の隊員が撮影し、ARFCOMに投稿した(撮影者はABUを着ている)。

見切れているが、左側面にNSNが刻印されている初期型ロウワー。ロウワーと同じ製造番号がアッパーにも刻印されている。

elucidate氏によると、この銃の持ち主は、SASではなくSBSの隊員だと考えられる。なぜなら、アーマラー達の声や実例の写真によると、アッパーにシリアルを刻印することはSBSに特有だという。

② 2000年製、製造番号00330

L119A1-0000330GB
Christopher R. Bartocci (2004) “Black Rifle II: The M16 into the 21st Century” Collector Grade Publications, p.219

上の個体①と同時期に製造された個体。

NSN 1005-21-920-6546の刻印と、米コルト社とのライセンス契約を示す刻印 (MADE IN CANADA UNDER LICENCE FROM COLT’S MFG. CO. INC.) が確認できる。

③ 2007年製、製造番号02011

L119A1-0702011GB
Alamy

左側面にNSNが刻印されていない後期型ロウワー。マグウェル右側面に何らかの形で刻印されているはず。初期型から後期型に切り替わった具体的な時期は不明。

セレクター刻印を確認しやすい写真。「Rの右脚がセレクターの先端に合う」という指摘も、この写真で説明がつく。

④ 2012年製、製造番号03145

L119A1-1203145GB
DVIDS

ディマコ社のロゴではなく、コルトカナダ社のロゴが刻印されている。コルト社がディマコ社を買収したのは2005年5月。しかし、別の情報源によると、刻印のロゴがディマコからコルトカナダに変わったのは2010年頃だそうだ。

アッパーにシリアルが刻印されているが、この銃の持ち主はSBSではなく、原潜基地や核運搬車両を警護する英海兵隊の第43艦艇防護群である。第43艦艇防護群は、英軍で初めてL85A2をL119A1に更新した非UKSF部隊。

以上の個体例から、L119A1のロウワーは3種類に分類できる。

  • 第1世代 – NSN入りディマコ刻印(前期型)
  • 第2世代 – NSN無しディマコ刻印(後期型)
  • 第3世代 – NSN無しコルトカナダ刻印

アッパーレシーバー

今回の情報を提供しているスレ主は、SASが放出したL119A1アッパーを所有していて、そのフォージマークは「セロ・フォージ社 / ディマコ社」である。このフォージマークは米軍のM4カービンにも見られるが、L119A1アッパーとM4アッパーは形状が異なることに注意(例えば、レールのスロットの数が一つ多い、レール前端/後端の角が落とされている)。また、M4アッパーなら「M4」刻印がある位置に、L119A1アッパーには「1913」刻印がある。百聞は一見に如かず。

カナダは米コルト社に先駆けてフラットトップアッパーを開発した。当時はまだMIL-STD-1913が標準化されていなかった。だから、初期のカナダ製アッパーは、現在の1913アッパーと比べてスロットの間隔が狭かった。1913刻印は、「カナディアン・ウィーバーレール」ではなくピカティニーレールに準拠していることを示すものだと思われる。

サイレンサー

刻印とは関係ないが、初耳の情報だったのでメモ。

L119A1のサイレンサーは、シュアファイア社のFA556-SA(FA556-212のサイモンスリーブ対応版)である。フラッシュハイダーはFH556-216Aを使用する。このハイダーは、UKSFが2015年から導入しているL119A2にも使用されている。

L119A1-right
ARFCOM

elucidate氏はL119A2の情報も公開しているので、興味があればどうぞ。

試験運用

気分転換に WordPress.org から WordPress.com に乗り換えて試験運用してみます。

元のブログはいずれ消すつもりですが(維持費が掛かるので)、一部の記事はここに再掲しようと思います。

ちなみに写真は地元の森林公園。